本日、立教大学でのジンメル研究会大会にて、「社会システムとしての相互行為について――社会システムの存在論のために」というタイトルで報告させていただきました。大会そのものはもちろん、懇親会~二次会もたいへん議論が盛り上がり、刺激的で楽しく、有意義な時間でした。

いっしょにご登壇いただいた馬場靖雄先生、司会の菅野仁先生、コメンテーターの杉本学先生・渡會知子さん、いろんな有意義なご意見やお話をしてくださった廳先生、副田先生、佐久間先生、岡澤先生、鈴木先生、浜先生、川本先生、芦川さん、徳田さん、酒井さん、赤堀さん、周藤さん、清家さん、高橋さん(順不同)、また、ご静聴いただいた参加者の皆さまに、貴重な機会を与えていただいたことに、この場を借りて深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://balkantraveler.blog7.fc2.com/tb.php/61-21193d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)