大学近くの商店街の八百屋さんで、客の男性が女性の店員さんに何か声をかけると、奥から生きた大きなスッポンを出してきて、袋に入れてその男性に渡した。たった1000円ちょっとくらいらしかった。真夏の暑い昼下がり、八百屋の軒先で袋の中をうごめくスッポン。なんだか空間が歪んで見えた。

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://balkantraveler.blog7.fc2.com/tb.php/189-622080ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)