先日の記事を、Facebookにシェア(でいいのかな?)してくださった方が大勢いらっしゃり、こんなこと初めてなのでビックリしたのですが、某SNSで友人の某Oさんが紹介してくださったからのようです。システム上、どなたにまたどのようにシェアしていただいたのかは分からないのですが、Oさんならびに拙文をお読みくださった皆様に深く御礼を申し上げます。

 で、そのOさんのタイムラインを拝見したら、「そういうこと〔民主の敗北と自民の勝利〕を予想できた方は少なくなかったと思うのですが、それならデモに対する懐疑心が沸いた時点でもっとその懐疑心を表明しておくべきだったのではないか」というご批判をいただいていました。わたし自身は、このブログでは今年3月11日にチラッと、また7月22日にけっこうハッキリと書いているつもりだったのですが、スイマセン。

 ただ正直、このままだと自民党に揺り戻しがきても当然くらいに思っていました。新聞なんかは、デモが反原発以外のイシューで争わずに右派左派双方がまざっておこなわれていると、やや連帯を強調して書いたりもしていたのですが、どちらの陣営にも多かれ少なかれ反民主党的な側面がありましたし、しかしだからといって左側のほうが政権奪取にまでつながる「革命」をやる気配はありませんでしたし、その一方で経団連なんかが巻き返しを図っていましたし、そもそも民主党のイデオロギーよりも左側の既成政党に日本全国津々浦々の人々が傾くことはないので、このまま膠着すると、行き場を失った世論は自民党に返ってくるくらいしかないだろうなあと。すでにツイッターなんかでも右寄りの意見をよく目にするようになっていましたし。でも、わたしがひとりで合点していただけかもしれません(安倍が党首に返り咲くこと、そしてそれからのあれよあれよの急展開は、いずれにせよ完全に予想外でしたが)。

 弁解ついでに言うと、わたしは筆無精な挙げ句、ぜんぜん政治的な人間ではありません。でも、とくに7月に書いた記事なんかは、あの時点でも、わたしの業界の少なからぬ人たちからは白い目で見られかねないようなものだったと思います。それでもあの時点で何か少しくらい書いておかないと、と思ったのは、上のような認識が頭にあったからでした。自分は研究者という、偉くも何ともないが、ふだんゴロゴロしているぶん斜めからモノを見るくらいの「責任倫理」はあるだろう仕事をしているという、ささやかな思いもありました。

 結果として何もなっていないと言われればそれまでですが。
 ただ、おそらく今回の記事についても、わたしの業界ではあまり快く思わない方のほうが多いのではないかなと思います。じっさいわたしも脊髄反射的に書きましたし。なので、予想外に反応をもらって心底ビックリしていますが、ただこれであとから何かあれば、何の後ろ盾もないわたしは行き場が(ますます?)なくなることでしょう(笑)。でも、SNSなんかで情報を横流しするだけだったり、権力批判という絶対に間違いのない優等生的なポイント稼ぎをするだけよりは、いくらかましかなという気はしています。少なくとも「間違えるリスク」はおかしているぶんは。

 最後、話が大きくそれたかもしれませんが、なんだかそういうことです。
 それはそうと、これで自民党が政権与党になったことで、わたしの郷里やいま住んでいる九州など、地方はますます疲弊していくのではないかと危惧しています。その点で、次の本はとても示唆的なので、ご興味の方はぜひご一読を。はっとさせられると思います。

斎藤淳『自民党長期政権の政治経済学』
自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾自民党長期政権の政治経済学―利益誘導政治の自己矛盾
(2010/08/12)
斉藤 淳

商品詳細を見る


ブログを見返したら、大震災と原発事故から1ヶ月ちょっとの2011年4月24日にも何か書いてました。
http://balkantraveler.blog7.fc2.com/blog-date-201104.html

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://balkantraveler.blog7.fc2.com/tb.php/114-c06bc934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)