FC2ブログ
  

少し前のことですが、Theory and Society 誌にて下記の拙稿が刊行されました。さしあたりオンライン・ファースト版ですが、じき紙媒体でも出るはずです。

Language, Ethnicity, and the Nation-state: On Max Weber’s Conception of “Imagined Linguistic Community”
https://link.springer.com/article/10.1007/s11186-018-9321-y

じつは、少し前に現象学的社会学者トーマス・ルックマンの言語観を扱った拙稿 “From Religion to Language: The Time of National Society and the Notion of the 'Shared' in Sociological Theory” に続き、通常の論文2~3本に相当する分量です。17000語オーバーとかそのくらい。日本語だとおそらく5万字くらいでしょうか。

正直、学術的に意味ある仕方でさらに膨らませることは可能であり、このままいっそ本にするか、さもなくば小分けにして論文本数を稼ぐ、というのが当世風の功利主義的・業績主義的な判断なのでしょう。が、それはわたしにはなく、むりやり一本の論文にまとめました。よくぞこれほど長い論文を掲載してくれたと、Theory and Society 誌に感謝する次第です。なお、長いとは言え、しょせん外国人の英語ですから、比較的読みやすいはずです。

ただし、あまりにも長く、かつ社会学を超えて歴史学と社会言語学にまで及ぶ学際的な内容だったため、最初の査読結果を受け取るまでじつに丸1年かかりました。じっさい、査読者にはヴェーバー研究の歴史学者が入り、細かく精査してもらった上、「画期的」と評してもらって、ヴェーバー研究の門外漢として正直ホッとしました。ヴェーバーに関する論文としては、知るかぎり前例がない着想だそうです。

じっさいのところ、まさか自分がヴェーバーに関する専門的論文を書くことがあるとは思ってもみませんでした。しかも英語で。ヴェーバーの難渋なドイツ語を英語に訳すのは一苦労でした。一般に言われるほどドイツ語は英語に似てないと、あらためて認識した次第です。ただ、大いに勉強になりました。

なお、謝辞にも書かせていただいたとおり、本稿の内容は、一昨年2016年開催の International Sociological Association の社会学史部会会議(ワルシャワ開催)での報告が元になっています。同内容を敷衍して、昨年度、ベルリン工科大学(ドイツ)・一般社会学のワークショップ、ならびにクラーゲンフルト大学(オーストリア)の招待講演でも、お話をさせていただきました。関係者や聴衆の皆さんにはあらためて深く御礼を申し上げます。論文として公刊できたことで、発表の機会をいただいたそのご恩に少しでも報いることができていればと願う次第です。

ご興味のあられる方は、どうぞご笑覧ください。


帰国から4ヶ月、ようやく前期授業が終わりました(試験等はまだありますが)。
わたしのほうが青息吐息でしたが、ゼミや調査実習で、そのハードさにもかかわらず学生たちのほうは本当によく頑張ってくれていました。夏休みは、英気を養いつつ、授業のことはすべてを忘れて新しい世界に飛び出してほしいと思います。

2ヶ月後にまた会いましょう。
そして楽しい話を聞かせてください。

調査実習:新作バッグのカタログ写真撮影会&カレーパーティ
180720_Curryparty08 180720_Curryparty16 180720_Curryparty19 180720_Curryparty17
180720_Curryparty18 180720_Curryparty27 180720_Curryparty23 180720_Curryparty24
180720_Curryparty25 180720_Curryparty26 180720_Curryparty31 180720_Curryparty34
180720_Curryparty39 180720_Curryparty47

ゼミ:一品持ち寄り式カクテルパーティ
180724_Cocktailparty07 180724_Cocktailparty05 180724_Cocktailparty04 180724_Cocktailparty13
180724_Cocktailparty08 180724_Cocktailparty09 180724_Cocktailparty10 180724_Cocktailparty11
180724_Cocktailparty12 180724_Cocktailparty02


先日このサイトでも告知した、Dr. Dominik Bartmansiki(ベルリン工科大学・社会学研究所)の特別講演 "Materiality and Meaning in Sociological Research" が、予定通り無事終了しました。ずっと慌ただしく、報告が遅れてしまいましたが、オーガナイザーとしてまずはホッとしています。

当日は20人近くの来場者があり、しかも国際色豊かで、わたしの知るかぎり、国籍で言えば日本以外にもイギリス、ドイツ、中国、パプアニューギニア、インドネシア、デンマークと、多様な顔ぶれになりました。また、教員や大学院生・ポスドク生のみならず、学部生からも参加があり、幅広い年代から参加者があったことは、本当によかったと思います。質疑応答入れて正味90分、短い時間でしたが、参加者相互の人間関係が広がればと願う次第です。前日には講演者を交えて有志による事前懇親会も行い、四方山話に花を咲かせながら、相当程度、酔っ払いました。

結果的に手弁当的な企画でしたが、国際交流はやはりこういう小さい規模でやるのがいいな、とあらためて思いました。分かりやすい実績として履歴書にドーンと書けるようなものでなくとも、名より実のほうを、今後も取りたいと思います。

というわけで、講演してくれたドミニーク、ならびにご来場いただいた皆さま、またアシスタントとして働いてくれたY君に、心から感謝を申し上げます(以下写真はY君撮影のもの)。

180531_Dominik-lecture_0001.jpg 180531_Dominik-lecture_0002.jpg
180531_Dominik-lecture_0003.jpg 180531_Dominik-lecture_0004.jpg
180531_Dominik-lecture_0005.jpg


モノの社会学的研究
で知られる Dominik Bartmanski 博士(ベルリン工科大学・社会学研究所)の講演を、本学(熊本大学)にてまもなく開催いたします(詳しい要領やフライヤー等は以下)。

講演テーマは、"Materiality and Meaning in Sociological Research(社会学研究における物質と意味)" です。煎じ詰めれば、モノの社会的意味、が焦点ということになるでしょうか。ご本人は、デジタル化時代におけるレコードブームや、さまざまな建築などを素材に研究されており、当日もそれらの事例を交えてお話をしてもらう予定です。


   講演テーマ:"Materiality and Meaning in Sociological Research(社会学研究における物質と意味)"
   日時:2018年5月31日(木) 午後16:25~17:55
   場所:熊本大学文法棟2階 共用会議室 (熊本大学黒髪北キャンパス内)

   フライヤー(クリックするとより大きい画像として閲覧できます)
   180531_Dominik Bartmansiki博士_講演チラシ(A4)

   Dominik Bartmanski 博士のプロフィールや公刊物リスト(Academia.com)
   https://tu-berlin.academia.edu/DominikBartmanski


モノというのは社会学研究において意外な盲点であり、日本ではまだあまり認識されていない興味深いテーマだと思います。たとえば、デジタル書籍よりも紙の本のほうが好き、という人はまだまだ多いのではないでしょうか。そこには、たんなる読みやすさのような点だけでない、モノとしての紙の本の社会的意味があるでしょう。

当日は参加無料、事前登録不要です。質疑応答の時間も設けておりますので、ご関心がおありの方はぜひふるってご参加ください。社会学以外の専門分野の方や、大学院生・学部生の方々のご参加も、もちろん大歓迎です。

Vor ein Paar Tagen kehrte ich endlich nach Japan zurück. Es gibt so viele Sache zu erledigen, die ich ein ganzes Jahr ließ, dass ich seitdem etwas langes nicht schreiben kann. Aber am letzten Tag im japanischen Schuljahr 2017 möchte ich mich hier noch einmal bei allen bedanken, die ich während dieses einen Jahres in Europa wiedersah, neu kennenlernte und zufälligerweise einmalig traf. Die solchen Leute, die bei mir während dieses einen Jahr in Europa half, sind so viel, dass ich leider nicht die allen Namen aufrufen kann. Doch ich müsste zunächst Prof. Dr. Hubert Knoblauch an der technischen Universität Berlin namentlich Dank sagen, der sich als mein Betreuer um mich kümmerte und viele gute Gelegentheiten zur Studie gab. Von ihm lernte ich auch eine lebendige Geschichte der phänomenologischen Soziologie und eine neue Forschungsmetheode der Videoanalyse. Und auch meinen Kollegen und Kolleginnen, die ich sich immer lustig unterhielt, am Institut für Soziologie an der Technischen Universität Berlin; allen, die mir viele über deusches alltägliches Leben lehrten, bei einem tollen Bierladen Beerbaboon in „meinem Kiez“; allen in Deutschkursen, die aus verschiedenen Ländern kommen; allen alten Freunden und Freundinen in Deutschland, Österreich, Serbien und in ganz Europa, die mich in vielen Hinsichten unterstützten; allen netten im TU Gästehaus, die mir halfen; und allen Leuten, mit denen ich in Konferenzen, auf der Straße, in Kneipen, in Zügen oder so durch Zufall sprache, soll ich von Herzen danken. Ohne Euch wäre mein so fruchtbares eines Jahr unmöglich gewesen. Überall wurde ich immer von Eurer Hilfe und Freudlichkeit unterschützt und dadurch wurde mein Leben in Europa wörtlich jeden Tag voll mit neuen Entdeckungen. Alles, was ich mit Euch erlebte oder durch Euch lernte, ist unvergesslich. Sogar, phänomenologisch gesagt, gehörten schon alle von Euch zu meiner Lebenswelt. Deswegen glaube ich stark, dass wir uns sicherlich in der nahen Zukunft wiedersehen können. Darauf mich freuend fange ich das neue Schuljahr ab morgen mit mehr Mühe an, glaube ich im Campus der Universität Kumamoto, in dem Kirschen blühen. Vielen vielen Dank.

180329_IMG-4319.jpg 180329_IMG-4329.jpg
180329_IMG-4318.jpg 180329_IMG-4320.jpg
180329_IMG-4330.jpg
Heute meldete ich mich endlich bei der Behörde ab. Dadurch wurde ich offiziell schon kein Berliner, obwohl sich meine Seele immer noch in Berlin befand. Nach dem Verfahren machte ich einen kleinen Spaziergang im Schlossgarten Charlottenburg, der in der Nähe von mir liegt. Heute morgen schneite es und eine dünne Schicte des Schnees blieb noch bis zum Sonnenuntergang. Wegen der Kälte gab es im Garten weniger als üblich.

Wahrscheinlich ist das der letzte Schnee in diesem Winter.
Bald wird wieder der Frühling.

180320_2670.jpg 180320_2697.jpg 180320_2691.jpg
180320_2712.jpg 180320_2710.jpg 180320_2682.jpg
180320_2719.jpg 180320_2723.jpg

先日、下記の論文が刊行されました。

Tada, Mitsuhiro, 2018, "Time as Sociology's Basic Concept: A Perspective from Alfred Schutz's Phenomenological Sociology and Niklas Luhmann’s Social Systems Theory," Time & Society, first published online: January 29, 2018, DOI: 10.1177/0961463X18754458
.

2016年に『社会学史研究』(日本社会学史学会)にて刊行された拙稿「社会学の基本概念としての時間」の微修正英語版です。ひょんなことから英語版を投稿することになり、通常の査読を経て、このたびTime & Society 誌に掲載された次第です。

議論をクリアにするために、日本語版とは少し表現を変えた箇所や加筆した箇所、ならびに査読者の求めで加筆した箇所が、若干あります。そういうこともあって、この英語版のほうが日本語版よりも分かりやすいかもしれません。

謝辞にも書かせていただきましたから詳細は繰り返しませんが、本論文に関連して、本当にたくさんの人たちから、何の見返りの期待も伴わないさまざまな無償の機会や支援を賜りました。わたしは、人とのつながりに頼って(あるいはそれを利用して)学問をするつもりはまったくありませんが、何かに取り組んだ結果として、人とのつながりができ、それがまた次につながっていくという経験は、何ものにも代えがたいと感じています。

本稿成立に至るまでのさまざまな経緯は、人とのそうしたつながりの「ありがたさ」(二重の意味でのそれ)を、再度強く認識させてくれるものでした。本稿が、それらの方々からのご恩に、少しでも報いることのできるものになっていればと願う次第です。お世話になった方々にあらためて深く御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

なお、上記論文は、まずはオンラインで刊行されています。紙媒体での本誌掲載は、順番がつかえているらしく、まだだいぶ先になるようです。また、オンライン版には、校正段階で生じた下記2箇所の誤植があります(本誌掲載時に修正してもらえるとのことです)。

1)p. 15, note 6:
所有を表すアポストロフィが抜けています。“Parsons analytical realism” とありますが、正しくは “Parsons' analytical realism” です。

2)p. 18, 文献一覧のうちTada M (2017):
編者名が誤ってイタリック体になっています。また、肝心の書籍名が誤って削除されています。正しくは次のとおり。

Tada M (2017) Imi to jikan [Meaning and time]. In: Nihon Shakaigakkai, Riron Ōyō Jiten Kankō Iinkai [The Japan Sociological Society, Editorial Committee of the Encyclopedia of Theory and Application in Sociology] (ed.) Shakaigaku riron ōyō jiten [Encyclopedia of Theory and Application in Sociology]. Tokyo: Maruzen, pp. 184–185.

以上です。


追記 2018. 02. 01
誤植がもう一か所ありました。

3)p. 14, note 1
もちろん "Gimmel" ではなく "Simmel" です。
これは純粋にわたしのミスで、たいへんこっぱずかしいかぎり。すぐに気付いて知らせてくれた同僚の Dr. Eric Lettkemann に心から感謝を申し上げます。

追記 2018. 02. 01
先日の Forschungswerkstatt での拙報告に参加してくれた皆さんにも、あらためて心から感謝を申し上げます。これが最後の発表かと思うと本当に名残惜しい・・・。夏学期と冬学期のそれぞれの発表では、みなさんの理解度と寛容度、そして活発な議論のおかげで、わたしはずいぶん鍛えられました。

Ein glückliches neues Jahr! Übrigens, die Heftigkeit von Feuerwerken, die zum Jahreswechsel Stadtbewohner freiwillig abfeuern, ist wirklich wahnsinnig, was man z.B. im vor einem Jahr aufgenommen folgenden Video genau sehen kann. Dies wäre in Japan unmöglich, obwohl es mir persönlich natürlich sehr gefällt. 新年あけましておめでとうございます。市民が勝手に打ち上げる花火がすごいです。下は昨年の映像。ぜひご覧あれ。

ベルリンが燃えている、大晦日のベルリン
https://www.youtube.com/watch?v=RnDZf8fj2nI


 本日クリスマスは、ドイツでは一年でいちばん大事な日のひとつ。日本でいえば正月のようなもので、みな家族と過ごします。お店もほとんどが閉まる。
 で、いまベルリン・オスト駅のマクドナルドで、ひとりチキンを食べて新聞を読んでいたら、とつぜんラジオのインタビューを受けました。「なぜクリスマスの晩にひとりでファーストフード店で過ごしているのか」というインタビュー特集だそうで(笑)。新聞熟読中に不意に声を掛けられたのでつい受けてしまいましたが、店内にぼっちがほとんどおらず、いてもインタビュー拒否されていたらしく、リポーターの女性は大喜びでした。
 なおマクドナルドのチキン(ナゲットじゃなくて骨付きのやつ)は初めて食べましたが、予想外に美味しくてなんだか少し悔しいです。あと、何かしでかしたらしい人が、たったいま窓の外を警官たちに連行されていきました。そして店内ではいきなり老女がわたしにその新聞をくれと言ってきました。こちらが何もしてなくても勝手に何かが降ってくる、そんなドイツです。
 ところでまったく関係ありませんが、少し前、こちらでの所属先のセミナーで、次の報告を行いました。

Tada, Mitsuhiro, 2017, “Kommunikative Intentionalität: Integration von Phänomenologie und Theorie sozialer Systeme,” IfS-Lunch-Seminar (Institut für Soziologie, Technische Universität Berlin, Germany, November 28).

 おもに客員研究員(GastwissenschaftlerInnen)が報告する伝統のランチセミナー。しばらく途絶えていたそうですが、今年から復活です。前回まで他の人たちは英語で発表していましたが、わたしは質疑応答も含めてすべてドイツ語でやったので、予想外に多くの人が話を聞きに来てくれて、議論も大いに盛り上がりました。わたしの下手なドイツ語を聞いてくれる同僚たちの忍耐と理解力に大いに感謝です。
 では皆さん、fröhliche Weihnachten und guten Rutsch ins neue Jahr!

追伸
ドイツのクリスマス・マーケットはほんとうに楽しく美しいです。

 お隣オーストリアはクラーゲンフルト大学(Alpen-Adria Universität Klagenfurt)ならびにグラーツ大学(Karl-Franzen Universität Graz)にて、講演(Vortrag)を行いました。
 クラーゲンフルト大学ではマックス・ヴェーバーの言語観について、またグラーツ大学では、アルフレートシュッツの現象学的社会学からニクラス・ルーマンの社会システム理論へと継承されている意味概念と時間概念の関係について、それぞれお話をさせてもらいました。前者は昨年度ワルシャワで開かれた International Sociological Associationの社会学史部会・中間会議で発表した内容の拡張版であり、逆に後者は一昨年日本社会学史学会のシンポジウムでの登壇内容の短縮版です。講演原稿は時間的都合により英語で作らざるをえませんでしたが、その後の議論はすべてドイツ語でこなしました(ただしわたしのドイツ語が優れているということではなく、質問者側の忍耐力が優れているということですが)。
 先日ようやくベルリンに戻ったら仕事が山積しており、人生初のロストバゲッジにも遭遇して、あまりに慌ただしいので詳細を綴る余裕がありませんが、前後にいくつかの場所でフィールドワークも挟んで思わぬ資料発掘や現場視察ができ、大変充実した時間となりました。たまたまオーストリア大統領の講演にも参加できました。
 まずは拙講演におこしいただいた方々に深く御礼を申し上げるとともに、とくに今回の講演の機会を与えてくれたクラーゲンフルト大学の Dr. Christian Dayé、ならびにグラーツ大学のDr. Matthias Dullerの両氏に、心から感謝を申し上げたいと思います。人生初の「講演旅行」であり、貴重な経験となりました。何より、尽きぬ四方山話が、これまた楽しかったです。また、前後のフィールドワークにおいていろいろなお話を聞かせてくれた現地(とくにスロヴェニア)の皆さん、さらには道中運良くお会いできた同僚の某B先生、クラーゲンフルト大学のカール・ポパー書庫のご担当者様にも、大変お世話になりました。記して感謝を申し上げます。